テーマ:

フムとの暮らし

  今朝のフムは、キッチンに入ったときは、トイレ中。ほどなくカッカッ! と嘔吐が始まる音。水のボールを口元へ持って行くところで吐いたので、半分しか受け止められなかったけれど、少量なので昨夜よく食べてたから、心配ないだろうと。汚れたところを拭き取っていると「抱っこ」と膝に上がってくる。抱き上げて床に座り込み、喉を鳴らして満足そうな顔をして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小さい春

 日曜日の朝、心の中で「ヤッタ!」と。  キッチンの前にあるキーウイの枝に、小鳥に来て欲しいと、ずっと願っていた。でも斜め向かいの家は、常時10匹以上の猫を放し飼いにしてい、我が家は雑草だらけで、家が小さい分土の部分が多く、ネコの好きなマタタビ科のキーウイの木もあって、猫たちの遊び場兼、トイレになっていた。よく枝の上にネコが登って居て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

霊言葉の会長さん

  朗読家のSさんと大井町でのコンサートにご一緒した折に、何気なく『霊言葉(たまことば)』と言ったら「そんな言葉は知らないけど『磨けば光る』みたいなこと?」と「玉磨かざれば光なし」の玉と混同のご様子。  遠い昔28歳か...くらいだったある日。仕事で大阪へ向かう新幹線の中で、向かい側に座られた80歳くらいの男性から、声を掛けて戴いて、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブザンソンって?

『夷酋列像』を所蔵している美術館のあるという、フランスのブザンソンという地を、調べてみた。フランスの一地方にある丘陵と川に囲まれた、自然の要塞に守られるようにして築かれた城塞都市で、この街の南東の高台に位置し、旧市街の北ドゥー川の 近くにあり、ルーベンス、ゴヤ、ピカソ、クールベ、フラゴナール、マチスなどの 作品 を所蔵しているとあった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『幸せみーつけた!』

  市川FMという、ラジオのローカル局で、毎週火曜日に1時間「幸せみーつけた!」 Yayoiです。という番組を持たせて戴いて、1年9カ月になる。最初半年間は、試験放送ということで、新聞の番組表に載せない状態での放送だった。それでもマイクに向かう時は、その違いを感じることなく、番組タイトルを名乗る声は、酷い震え声だった。それは今でも大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老いを見つめて

 5月の晴れた日、兄二人と兄嫁の4人で、市川大野の植物園へ、薔薇を観に出掛けた。長兄は自分の健康を重視しすぎることで、常に病人という癖がある。それでも現在84歳。一時は、這ってトイレへ行く状態だったが、今は杖を必要とするにしても、500mほど先の店へ、自力で行けるようになったと。  先日「今私になにをして欲しい?」と電話したら「家にば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外な力

  今朝置きだしたとき、左腕や肩に痛みがあって「はて、なにか昨日力仕事したかしら」と。ハハーン、T氏にもらって戴くためにスピーカーのセンター用とチューナーを、大森へ持って行った。それに8個のスピーカーをチューナーに繋ぐコードがごっそり、それが重い。かなり気合を入れて持って行ったけれど、大森で手渡した後、彼が何かの折に持ち揚げる様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運・不運

ツイテいる時とそうでない時って、絶対あると思う。月曜日に市川文化会館へコンサートを聴きに行く前に、その近くの友人宅に,我が家のキーウイを届けに回った。彼女の家の前は一車線の細い道、車を止める事は出来ない。その道に入る手前の広い道で交差点から5~6m下がったところに車を置いた。もう今年は彼女の顔を見るのも最後だろうとご挨拶して、車に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

愛しい虫たち

  明るい日差しの下、我が家の小さな庭は菊が盛りを迎えつつあり、一方サルビア・レウカンタという紫色のサルビアの種も真っ盛り。その花穂の回りを、蛾だか蜂だか判らない大型の羽虫が、ホバーリングしながら蜜を吸って飛び回っている。以前にタイで見たハチドリより少し小さいけれど蜂より大きく重さがある感じ。で、調べてみた。 「ホバリングして蜜を吸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふんわり、うっとり

 この六月はアジサイが綺麗な季節。アジサイは何故雨に映えてキレイなのかと言えば、花弁が厚くて丈夫なので「雨にもマケズ」ということらしい。そう言えば塀の上に載せた鉢植えのサフィニアなど、この連日の雨でとろけてしまった。降りだした時に、雨の当たらない所へ移動してやるべきだった、と反省しても「遅し」お願い、立ち直って!  作日は、中学で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の力

  6日木曜日は、やっとやっと50通ほどの郵便物を、ポストへ持ち込み発送を済ませた。 同期会の最中に、カメラを持ち続け自分の楽しみはそっちのけで、多くの写真を撮ってくれていたK君とS君がいた。それをCDに、更にパソコンで編集し、DVD制作はセンスの良いH君に加わってもらって制作に掛った。  出来上がった作品を、出席した会員52名に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

褒め上手

 先日、ちょっとお礼とお詫びのつもりで、H夫妻をランチにお呼びした。その折の、夫人の反応が新鮮だった。  ドイツに友人・知人があって、度々出掛けているというH氏のお家も素敵だったけれど、なんといっても、庭が素晴らしかった。羨ましいほどの広さで、自然な里山ふうに整えられている。そんな暮らし振りの彼女なのに、目を見張るようにして、私のタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白い花の庭

2~3年前から庭に、もう少し白い花を置きたくて、柏葉アジサイを玄関前と門の外に、白いアジサイを2株南側と東側に植えた。今年は柏葉アジサイは2鉢とも元気で、沢山の花を咲かせてくれた。南側は3輪白い花を咲かせたが、東側は今にも枯れそうで、もちろん花どころではなかった。それが最近新芽が1本伸びてきたので、どうやら定着するらしい。今年はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南会津へ(ひめさゆり)

 25日の早朝6:45、中学2年の同級生S君と夫人が車で迎えにきてくれた。そしてクラスは違ったけれど、同期生のUsさんを迎えに回り、4人で奥会津・湯ノ花温泉目指して出発。  途中、現在大河ドラマで話題『八重の桜』ゆかりの、『会津藩校日新館』を見学。白虎隊の学び舎で、戊辰戦争で焼失したが、昭和62年に完全復元されたものとか。  夫妻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強い人の優しさって...

 日曜日は友人Hyさんと回転寿司へランチに出たら、途中イタリアで普通に見かける真っ赤なケシが、群生しているところがあった。日本ではこのごろオレンジ色のケシを、見かけることが多くなっているが、真っ赤なケシは珍しい。懐かしくもあり、車を止めて暫くながめた。その景色を携帯にも収め、我が家に戻り、彼女お持たせのスィーツでお喋りとなった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい日曜日の午後

  日曜日は高校時代からの友人Ytさんと、回転寿司でランチをしてから私宅で、お茶飲みしようということになっていた。法典駅で迎えてそのまま回転寿司へ。お寿司を美味しく食べている時に、天気は良し、緑の美しい時期だし、大野の植物園までミニドライブしようということに。  真間川沿いの桜並木の新芽が、快晴の空の下に映えて若緑の綺麗なこと。Ytさ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマスゲの花

 これは、ヤマスゲという10月ごろに咲く地味な花で、万葉集に    かなし妹を    いづち行かめと山菅の    そがひに寝しく今し悔しも   と、歌われているもの。昔覚えた意味は確か... (ヤマスゲの葉があちこち向いているように、私も愛しい人と「もう何処へでも行ってしまえばよいのに」と思いながら背中を向けて寝たこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more