テーマ:想い出

男友だち

 Y君の今回の写真展は、砕石場の切り取られ残った側の岩肌に、焦点を当てていた。彼が追い続けている『岩』は、断崖だったり、山瀬、海、塩風、にさらされている岩のその一部分や、自然が作り出した奇怪な岩のありよう。痛むはずもない岩が、何処かに抱えている辛さ切なさを、作品と向き合う者に感じさせ「あんたは誰、あんたは何者?」とうめくように、問うてく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

筋力と筋肉痛

  カラオケ同好会のお仲間Hさんと、その友人Tさんと3人で京成国府台駅近くのカラオケ店『五月』へ。12時開店に合わせて入店したら、1時過ぎまで客は私たちの3人のみ。歌い放題で6曲目の順番が回って来る辺りで、客が来店し始め、総数12人になった。3時半ごろに引き上げようとしたけれど、Tさんが「4時まで居よう」で、計11曲などという記録的な数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

茄子のニギニギ

  夫の兄嫁から久し振りに『大門素麺』が届いた。ここしばらくは、他社の素麺やうどんで寂しかった。夫は素麺が大好物、特に『大門素麺』には別格の感があった。 「うわぁ、きょうは素麺かァ!」と声のテンションが高くなった。そして、バクバクという感じで麺を口に運びつつ、素麺だけでは腹持ちが良くないので、鰤の照り焼きにキンピラゴボウなどの献立だっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

臭い花

 昨日公園の手入れに市の業者が来て、家の窓から真正面に見えるところに咲いている『牡丹臭木』と言う赤紫系のピンクで、5弁花の小さなものをびっしり半球形に咲くのが、満開の半球形になりつつあるところで、切られてしまった。折りしもその朝、アジサイほどの大きさになり始めているのを、眺めつつそろそろ市から手入れの業者が来るころだから、切って我が家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外な力

  今朝置きだしたとき、左腕や肩に痛みがあって「はて、なにか昨日力仕事したかしら」と。ハハーン、T氏にもらって戴くためにスピーカーのセンター用とチューナーを、大森へ持って行った。それに8個のスピーカーをチューナーに繋ぐコードがごっそり、それが重い。かなり気合を入れて持って行ったけれど、大森で手渡した後、彼が何かの折に持ち揚げる様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ本Ⅳ号

  昨夜ブログ本Ⅳ号が届いた。その美しいこと! ま、自画自賛と判っているけれど、自分の事はなるべく自分で褒めてやりたい。この慎み深い日本の風土のなか、外側から褒めて戴くことはなかなか、難しい。  表紙の色が綺麗で、写真も色の良いものを選んだのが功を奏した。ブログの中にはなるべく自分も含めて、顔の見える写真は入れないようにしている。でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の富士山

  朗読のボランティアで、月に1度は武蔵野線を使う。ある朝、法典駅から西船へ向かう車窓から富士山が見えていた。  高校1年のとき、放課後中山駅を通り越して英文タイプを習いに、新小岩に半年ばかり通ったことがある。タイプの学校から戻る総武線の中から夕焼けの空を背にして薄ら赤い富士山のシルエットが見えていた。半年の間にタイプは4級になった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊の節句

 九月九日は重陽の節句で、中国ではめでたい数字の9がダブルなので、五節句のうちで特にめでたい日なのだとか。  母は「きょうは菊の節句だからね」と菊の花を仕事帰りに買って来て、仏壇に飾っていた。何がめでたいのか訊いたかどうか。  このごろの暦では、この日に菊は咲かないからか、『重陽の節句』にしても『菊の節句』にしても耳にしなくなって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『紫陽花の君』

 午後3時半に美容院の予約を取ってあるので、その前にカラオケの店に寄って、ちあきなおみの歌を練習してみようか...。お昼は簡単にソーメンにしよう。などと考えながら朝食を終えようとしていたとき、庭の向こうを車が通った、と思った直後チャイムが鳴った。  H君ご夫妻だった。9時前だったから、私はタンクトップに短パンという裸同然の格好。何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨリグケ

10年ほど前にローマで手に入れた好きなワインレッドのノースリーブは、ストレッチ性が高く素材はレーヨンで、夏の着ごこちは良いはずだった。けれど、いささかサイズが小さくて、インナーとして着るしかない。なにと着るかコーディネートを考えたら、25年以上も前から持っているが、出番がなかったシルクシフォンのロングスカーフの色がぴったりだった。ノー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミラノからのメール

 ミラノ在住のゆ~さんから「ラベンナへ初めて行きました。6世紀西ローマ帝国時代のモザイクが有名です。世界遺産です」と、ここに載せた3枚の写真を添付したメールが届いた。  私がラベンナへひとり旅で行ったのは、ローマに住んでいた頃だったと思う。美しいモザイクの、それも保存状態がとても良い教会を3カ所ほど巡ったと記憶している。ち密で豊富に金…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ローマの花嫁さん

 6月と言えばジュンブライト。ローマに居たころは、しばしば花嫁さんを見かけた。その辺りは日本とは結婚式というものが違うのかなァと。例えば、ローマのトレビの泉の辺りは、何処かへ移動する際に、出て来やすい場所というか、各方角から流れ込むような位置にあるらしい。目の前を素敵なウエディングドレスの花嫁さんが、長いヘッドドレスを自分で持って、颯爽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FM放送開始できるかなァ

  今日の訓練を終えたところで、「来週から生放送始めましょうか?」ご指導戴いているS氏のお言葉。「ハイ、結構です」「それでは、まず15分の生放送ということで、始めて戴きましょうか」「えっ、私は1時間のつもりで練習させて戴いてきました。できれば最初から1時間でスタートしたいのですが...」  S氏は一瞬目を見張ったようなので、そんなこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お懐かしや

  先日、千歳船橋から久し振りにUfさんが来て下さって、ランチ。 7月に10日間ほどで、スイスに住んでおられる息子さんご一家を訪れながら、登山が趣味のUfさんは、スイスの山もトライしたいということで、行ってらした。そのお話を聞きたくて、お待ちしていたのに、当日の朝私は目覚めが悪く、やや疲れ気味。連日35℃という猛暑と熱帯夜の中、エァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縫物

此処のところ我ながら、どうしたのかと思うほど縫いものをしている。特別新しい服が欲しい訳ではない。ただ、身辺整理の一環として、手持ちの布を形にしてしまいたいと思っている。折角気に入った布地を持っているのに、そのままで処分することになる日が、来ないはずはない。このまま置いてはならぬと。  先週の間に毎朝ミシン掛けしては、日中時間をみつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more