テーマ:

春蘭

 ろくに水もやれず荒れ放題の庭の、居間の前で春蘭が、沢山の花を咲かせている。写真に撮り、葉陰の花は可哀そうなので、切って花瓶に入れ食卓へ。しばらくは眺めて愛でることに。今年は30輪ほども咲いているだろうか、年々増えている。地味な花だが、春蘭と言う名も花の姿も好き。  今朝フムは、静かに寝ていて、食欲がないのかしらと見つつ朝食を始めると…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新婚旅行で日本へ

 風邪気味で、元気の出ない日曜日。同じく元気のないフムを抱いて終日過ごし、夜になってANに久し振りの国際電話。昨年春に手術を必要とする病気になり、今年1月に母親のパティが亡くなり、声の調子も落ちているAN。ところが「私だけど」のひと声に「ハロー、元気かい?」という声が上ずっている。「今何処にいるの?」「パリだよ、友達の結婚式に来たんだ。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

小さい春

 日曜日の朝、心の中で「ヤッタ!」と。  キッチンの前にあるキーウイの枝に、小鳥に来て欲しいと、ずっと願っていた。でも斜め向かいの家は、常時10匹以上の猫を放し飼いにしてい、我が家は雑草だらけで、家が小さい分土の部分が多く、ネコの好きなマタタビ科のキーウイの木もあって、猫たちの遊び場兼、トイレになっていた。よく枝の上にネコが登って居て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春は名のみの

  ブログ本6冊目の編集に専念する日々のなか、作日は『あじょうだ』で9時から4時半まで仕事。作朝フムは、餌を欲しがらず不気味な静かさ。何処か具合が悪いのだろうと眺めつつ、常にはフム優先に朝食を整えるところだが、取りあえず、私の朝食の支度に。ほどなく食べたいと訴えるので、缶詰を30g温め、薬を混ぜて与えると、気に入らない様子で食べ終え、他…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

賢いフム

「フムお早う」と声を掛けながらキッチンへ入った途端に、カーッとお吐(もど)し。私の椅子の座面にも吐いてある。  昨日珍しく夕食を欲しがらなかった。普段食べ過ぎているので、放置。8時過ぎに俄然空腹を訴えたので、薬も服用させねばと、缶詰をほんのり温めて与えたが、気に入らないらしい。ドライフーズを混ぜてやったら、キレイに食べて「もっと!」。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

潜在能力

 今朝はベットメイキングを全換えし、直ぐに洗濯したいところだったが、天候が悪くてそれどころではない。となると、たちまちベットメイキングに対する意欲が薄れてしまった。でもやらなきゃと。この『やらなきゃ』という思いに押され続けるのは、自分のキャラの所為だと分思う。  そういえば、心理学の講演だったかで、印象深く今に至るも影響受けている『4…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

素晴らしい友・友

 中学、高校と同級で「こもれび」という作文クラブも一緒だったS君は、今も文学活動を続け、幾つもの受賞もあって、作品からは度々感心、感動も。その氏から素敵なお知らせメールが届いた。一部を転載。    私の評論「哀惜の大地―農民文学探訪」が第60回記念「農民文学賞」になりました。    作品は4月下旬の号に掲載されます。  授賞式…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

どこまで続くヌカルミ

 日曜日、6時半に起床しキッチンへ入ったら、入り口近くの床に、フムがトロリとした水っぽい物を嘔吐していた。それを拭きとっているところへ、「カ・カ・カーツ!」とまた吐いた。それは、さっきより赤っぽい色になった。第一珍しく「お腹空いたァー」の声もない。8時半頃にまた吐きそうな様子に、フムの水飲み用のボ―ルは白なので、水を捨て吐しゃ物をそれで…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

良い日

 フムとのご縁を結んで下さった、三毛子ママさんの『カフェキャットテイル』へ,ランチに。 『けんちん汁』と雑穀米のご飯に、サラダと人参の箸休め。どれも優しいお味で美味しくて、私にしては珍しい完食。けんちん汁なんて、ほんと久し振りでほっこり気分。大きな窓からは、和風の庭と冬の青空がたっぷり。ひっきりなしに、野鳥が飛び交う長閑な眺め。  …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ホタルイカのパスタ

 バタバタしながら、点け流しにしているテレビをチラ見していたら、この時期の旬の食材として、ホタルイカというのを幾度か耳にした。富山出身だった夫は、ホタルイカが好物だった。酢味噌にしてあげると、目を細めて一口ずつだいじそうに食べていた。私は結婚するまでは、ホタルイカを食べる機会がなかった。美味しいものには運が良くて、いろいろ食べさせていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more