ちいちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛しさゆえに

<<   作成日時 : 2017/04/15 23:18   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 4

画像  「今年の1月に、老猫(たぶん10歳くらい)を、里親会から引き取りました。会で保護して戴いて以来、同じ犬猫病院の医師にかかり白血病と、酷い貧血ということで、2週間ごとに採血されつつ、服薬しているうちに、右耳の後ろが急速に脱毛。チェックの結果白癬病と、塗り薬1週間、改善せず服薬に。この間1か月半。ぐんぐん体調が低下し、食欲も消え水も飲まなくなり、他の医師のところへ連れて行くと、最初の検査の結果がエイズと出ているのに、白血病の治療はおかしいと。以来そちらの医師の診療を受けて、インターフェロンの服用を3月20日から開始。食欲も出て来たけれど、その時白線病の服薬を止めた為か、4月5日ごろから、左耳も脱毛が始まり、その頃から左目が涙目になり、今日は、左の目を激しく擦るようになりました。白癬病の耳は痒がらないのですが、目は痒さもあり涙で、左はつぶっていることが多くなっています。10日に診察を受けると医師は、抵抗力が落ちているのだから、何もせずにインターフェロンのみで良いと、消毒水を戴くことに。もしそれ以上望むなら、精密検査をしつつ、管理食のみでの治療しかないと。老いて弱っている子に、過酷な検査や管理食などではなく、食べたいものを食べさせ、好きにのんびりさせてやりたいのですが、私の飼育は間違っているとも言われました。最初の医師は2週間ごとに採血し、その度に帰宅すると病猫はぐったり。食欲も無くなるという日々でした。引き取ったときの体重は2.8キロで、最近は良く食べていても2・7キロを切りました。とりあえず目薬だけでも、と考えるのですがどんなものでしょうか、更に他の病院へ連れていくべきでしょうか。私も高齢です、自分自身は延命や手術などはせずに死にたいと、遺言状が作ってあります」
 
 これは、今まで止まって居たクシャミが出始め、今朝は目を激しく擦るフムの様子に、思い余ってインターネットで、猫の獣医への質問を受け付けるところへ書いたもので、いざ送信しようとして、まず2000円弱の支払いをカードでとあり、細かい個人情報を入力することになっている。どうしよう金額に問題はないけれど、カード支払いが不安でならない。ネットでカード支払いはしないことにしている。郵便振替ならすぐにも送金したいけれど...と悩んでいるところへ、私のブログの師匠E子さんと、他用で電話をすることがありその際、この件について彼女の意見を求めると「うーん私もそういうの心配だなァ」の言葉に、思い止まった。
 余りにもフムの可愛さ愛しさに、冷静さを失うところだった。フムは左右の耳が脱毛し、右目しか開かなくても、気にする様子はなく、機嫌良く食べて眠むり、甘えてくる。今日のランチはイワシを開いて骨を取ったもの1匹分とビスケットで、途中幾度か「違うビスケット」や「おやつ」「抱っこ」をせがみ、納得すると、床で寝そべっている。『ちょい悪オジサン』だとか『モヒカン刈り』などと、なるべく気分を明るくするニックネームを付けて、フムに語り掛けたりしていても、片目をつぶっていることが多いので「フム、きょうのアナタは『独眼竜政宗』かしらねぇ」と言いつつマッサージ。今やフムは『ちょい悪オジサン』と名付けた頃のような、ゴミ箱荒らしをする逞しさは、影を潜め穏やかで大人しく、眠っている時間が増えるばかりで、日々確実に老いの坂道を下っている様子。

 今朝は、庭で咲いている花をテーブルに挿したら、室内にも春色がフンワリ。心細さにくもりがちな今、この明るさに救われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ネットの入金は思いとどまって良かったと思いました‥ ちいさんがとても悩んでいるのが伝わります。

何か似た症状は無いかと調べたのですが、まず一番に必要なのは目薬だと思います。こするのは結膜炎ではないかと。くしゃみは猫風邪からきていると思うのですが、猫風邪は結膜炎も引き起こすそうです。結膜炎は悪化させると角膜炎になり、視力低下や失明の恐れもあるようなので、はやめの治療をお勧めします。

真菌や猫風邪(恐らくですが)も免疫の低下からきているので、そこがなんとか改善されればと感じます。 他の病院にも行ってみるのもひとつの方法かもしれませんし、猫を飼われている方や、里親会で出会ったボランティアさんに相談して、様々な意見から答えを導くのも良いかもしれません。 どうか少しでも悩みを解放してくださいね。

おもち
2017/04/16 04:58
おもちさん、いろいろお調べいただいてありがとうございます。私など、インターネットが旨くないので、欲しいところへ辿り着けないんですよねー。14日にマツキヨの薬局へ、最初の病院で出ていた皮膚病の塗り薬を持って行きながら、涙のような優しい目薬を相談したんですよねー。目薬は、キッズ用の一番優しいもの、と皮膚病には数種の中から、カサブタになってカサカサするタイプに効くというのを求めました。目薬は、直接目に入れず綿棒につけて、目の下のヤニを拭き、目頭の涙が流れてただれて来たところを、軽く拭うことにしてやっていますが、目のほうは、めっきり良くなってきたようです。皮膚病の方はまだ何の変化もなく、むき出しの皮膚が可哀そうですが、このまま続けてみようかと。他の病院のことは、里親さんに相談しましたが、近所の病院で次に行こうかと思っていたところは、「ひどい目に遭いました」と。あと最近始まったところの先生は研究所出身の方で、多分最初の医師と同じタイプと思うとのことでした。
本当に、何時も何時もお励ましやアドバイスをありがとうございます。
今日は、フムのような涙目になりながら、コメントを拝見しました。
ちいちゃん
2017/04/16 21:32
私はPCトラブルなどで何処に聞いたら良いか、どこで調べたら良いか、方法が分からない時「Yahoo!知恵袋」と言う所に聞いてみる事があります。
ここはお互いに分からない事を、知っている人が教えてくれる、と言うサイトで勿論 Free です。
知っている人が居なければそのままですが、誰かが教えてくれるかも知れません。
勿論PCだけでなく、病気でも何でも質問できます。
ダメ元と思って一度利用されてみては如何ですか
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/
イエティ1号
2017/04/17 17:30
イエティ1号さん、そんな便利なところがあるのですかぁ。今回は『猫の白癬病』についての諸々をかなりの時間で検索して、ちょっぴり詳しくなったような気がしていますが、他の問題が出た時に検索してみますね。ありがとうございました。
ちいちゃん
2017/04/17 19:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛しさゆえに ちいちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる