テーマ:幸せ

ミニDIY

 今朝は7時半に、酷い寒さではないし、アイロンを掛けた清潔な寝具で整えた、心地よいベットで、何時もより1時間以上も長い快眠だった。着替えをしつつ「何はともあれ幸せだなァ」という気分が1週間ぶりに込み上げてきた。お気に入りのピンクの電気アンカの温度は中、今朝は胸に抱いていた。気温が下がった朝方、胸に引き寄せたのだろう。日によって、離れた方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で作る人生

 土曜日、早朝からハスの炒め煮とマッシュルームのバターソティを作り、我が家のキーウイと、H家のお庭産の柿をカットして密閉容器に詰めた。これに、竹ノ塚の友人Sh子さんが作って来るおにぎりを合わせて、ちょっと摘まめる程度のお弁当を持って、ビッグサイトの展示会場で、お仕事中のイップさんに会いに。彼女は、私よりも4~5歳若く、ウィーンでガイドを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お庭①

 ターシャ・テューダー(Tasha Tudor、1915年8月28日 - 2008年6月18日)はアメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家。彼女の描く絵は「アメリカ人の心を表現する」絵と言われ、クリスマスカードや感謝祭、ホワイトハウスのポスターによく使われている。50歳代半ばよりバーモント州の小さな町のはずれで自給自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言っちゃった!

金曜日の夜にはまだちょっと早い時間にH君の夫人Y子さんから「先日の金魚まだ生かしてありますので、ちょっとお届けします。玄関先で失礼しますが、よろしいですか」と電話を戴き、程なくその金魚なるものをお届けいただきました。この前H家にランチをお呼ばれした折に、お土産にと戴いたものをテーブルの上に、置き忘れて帰って来てしまった。中の栞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想い出の品

イタリアでタイル画を学んで戻ったとき、焼き物のことを全く知らない上に、イタリアと日本との違いが皆目判らなかった。遅まきながら陶芸の教室へ通うことにした。2年ばかりの間お世話になったけれど、元は大工で趣味でやって来た陶芸を60前ごろからか、本業にし教室を開いたと聞いている先生の作品は、キッチリ、カッチリした見事な几帳面さだったから、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな幸せ

 土曜日の夕方、外出先から戻ったら、1件先のご近所さんK夫人から留守電が入っていた。「今夜6時半からジンギスカン料理を作って食べさせてあげるから、来てね」と。K夫人は北海道出身。そう言えば「マトンは食べられるかしら」とゴミ出しに出たときの、立ち話で訊いてくれたので、「むかし出張で、札幌の支店に行くと、同瞭たちに誘われて『サッポロビール館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所さんの名医

  土曜日の午後に、原因不明で始まった足の痛みが、治まらなかったので、月曜日に久しぶりの整骨院へ。先生は出掛ける予定とか。「骨折しているかどうか診て戴こうと思って来たんですけど」と言うと、先生は私服に白衣をを肩に引っ掛けて診察室へ。カルテを見ながら「3年4カ月振りですよ~。お元気だったということですねぇ」と言いつつ、足の様子を診ている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川オペラの夕べ

 日曜日は、台風の影響らしい本降りの雨のなか、ちょっと我が家からは行き難い文化会館へ、オペラ『アドリアーナ・ルクヴルール』という恋物語を鑑賞に。  金曜日に、大森へ朗読を聴きに出た時は、29~30度の暑さ。片付ける予定だったフレンチに、涼しいジャケットという服装で良かった。  土曜日は我が家は25度で私には快適な環境だった。それが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅のころ①

  先週の日曜日は雨の止み間を狙って、近所の青年と彼の家にある梅の実獲り。  落ち梅が放置されて、近所の困り物になっていると聞き「黄色くなって、落ちた梅を直ぐに拾って使いたいんだけど、もらっても良いかしら」「良いッス」と。「梅酒は飲めるの?」「飲めるッス」「それなら、完熟梅を戴くお礼に梅酒を作ってあげるわね」以来毎年この時期だけの共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪に

  2月8日12:16の窓外の景色。 この後ずっと降り続く雪、風も強くてまるで吹雪だ。閉じ込められた気分で、8時過ぎには炬燵でテレビを点けたまま、居眠りばかりで朦朧としているところへ、ベルギーからスカイプが入った。 「東京は大雪だって?」「45年振りの大雪ですって」「今も降ってるの?」「うん」「大丈夫、何か問題は?」「雨戸のシャッタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい土曜日

  土曜日はT子さんにパスタランチを作り、彼女のお土産のロールカステラで幸せ気分の半日となった。  1~2ヵ月に1度彼女と過ごすのは、心が安らぐ良い時間になっている。  『人とそのとき』には『ご縁』というものが大きいなぁと、このごろしばしば考える。こうして私がランチを作り、センスの良い彼女が、その時々にスィーツを選んで来てくれること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キルト展

  ドームで開催されているキルト展へ、友人Hnさんと行って来た。Hnさんは刺繍作家で、20年ほど前には、大きな賞を取ったこともある。昔同じ会社の同僚だった。住まいは横浜で水道橋にちょっと遠いこともあり、お姑さんの介護と仕事で大変だったからキルト展に誘うことはしなかった。お姑さんが2年前に亡くなられ、彼女も昨年仕事から解放され、今回一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那覇から石垣島へ

  26日は成田到着9時半予定の便が、30分も早く着いた。ロビーでトランクから沖縄で必要なものを取りだし、トランクは私の家へ。31日夜、着で依頼。  羽田へのリムジンに乗るために歩きだしたら、AN氏は透明のビニール袋に入った大きな箱を下げていた。 「それは?」 「ウフ、君へのクリスマスプレゼント!」と嬉しそうな顔。何故、私の家へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が庵は

 来年の1月に中学の時の同期会をやろうと、ただ今名簿を作成中。というのは、個人情報を重視時代に入った折に、名簿が消滅。 500名近くいたであろう同期の名簿作りは、5月ごろから始めてやっと昨日で110人を探し当てた。 先週の土曜日は、数人の仲間が集まるという飲み会があるということで、名簿に載せられるような人が浮上するかもという期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンツをベストにリメイク

  今朝からずっとミシン掛けをして、前後をVに重ねたデザインの裏付き、合成皮革のベストを作った。  4年ほど前に、長く愛用したフューシャピンクの合成皮革のパンツが、お尻が擦り切れて着られなくなった。  色が大好きだし素材も面白いので、捨てられずに取って置いた。ずっと、何かにリメイクできないかと考えていたら、昨夜急にべストにしてみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キルティングのコートをジャンスカにリメイク

  朝食の片づけを終えて、昨夜どういうデザインにリメイクするかを考えて、裁断して置いたキルティングコートのリメイクに取り掛る。  写真ではよく見えないが、かなり襟腰の高いハイネックなので、丸襟にすることにして、襟ぐりは外側の布を1センチ5ミリほど残し、縫い代ギリギリに内側の布とキルト綿をカット。袖は肩の部分を覆えるフレンチにすれば、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

未成熟人間

 デズニーの『モンスターズ・ユニバーシティ』を観にでかけた。PM6:40の部が3Dということで、3Dは初体験なので興味津々。早めの夕食を済ませて行く。  1~2年まえに『モンスターズ・インク』を観ているが、今回のはインクより前の話で作られているというので、楽しみだった。母親になれなかった所為か、何時まで経っても私はメルヘンティッ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お懐かしや

  先日、千歳船橋から久し振りにUfさんが来て下さって、ランチ。 7月に10日間ほどで、スイスに住んでおられる息子さんご一家を訪れながら、登山が趣味のUfさんは、スイスの山もトライしたいということで、行ってらした。そのお話を聞きたくて、お待ちしていたのに、当日の朝私は目覚めが悪く、やや疲れ気味。連日35℃という猛暑と熱帯夜の中、エァ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せ!!!

 お直しのプロで友人のHyさんが、どういう訳か「ジャージーの布で、Tシャツを縫ってあげますね」と、プレゼントのつもりらしい。  若い頃からお気に入りで、処分できずにいるものの、はや数十年経ってしまったジャージーが幾柄かある。今年こそタイル画の仕事も止めたことだし、時間にゆとりが出たらTシャツにでも、と考えてはいたけれど、もうロック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せな時間

  3月から、地元FM局のパーソナリティを目指し、週1で訓練を受けている。もう3カ月過ぎたけれど、機械オンチなので、ちっとも機械の事が理解できず、間違ってばかり。始めたばかりの頃は、訓練用スタジオに入り、機械に向かうと動悸がして、呼吸が荒くなるほどだった。やたら多いボタンや、上げ下げするタブの区別もつかない。だから、どうしてミスったかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more