テーマ:

天保水滸伝

 先日カラオケで、初めて三波春夫の「大利根無情」を歌ってみた。  ♪利根の 利根の川風よしきりの 声がつめたく身をせめる これが浮世か 見てはいけない西空見れば 江戸へ江戸へひとはけ あかね雲♪  子ども時代に聞いて馴染みのある歌は、しっかり覚えていて、歌えるものだと感心しつつ、ニワトリが絞め殺されるような声を振り絞っていた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実と夢の間で

 ここ数日、福岡の友人の娘からのメールと、電話に圧迫感を覚えている。一途に見つめられてる感じ。頻繁にコンタクトを取りたがる彼女に、付き合い切れず、もう電話はなるべく出ない。来月の9日から12日まで上京の予定の母娘に、9日は私が娘にお付き合いをすることにした。彼女はずっと韓流にハマっていて、9日も目黒、新大久保、新宿、と韓流の店を回り、韓…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

マジョーレ湖へ

 4月10日は、K子さんとヴォルゲーゼ美術館へ。観終えると、仕事を終えたルチャーノが迎えに来てくれて、彼等のマンションへ。ローマらしいパンとサラダにチーズのランチをご馳走になり、広いテラスに並べてある、日本から彼が持ち帰った種から育てた草花のプランターは、雑草もビッシリ。「どれがどれやら、判らないので」と言うK子さんの気持ちもわかる。ル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァチカンのデパート

 4月5日は、11時発の船でアマルフィからサレルノへ戻ることいにした。旅路は、快晴で静かな海からムリーニ渓谷の傾斜地に、時間を掛けて出来上がった、個性的な街々を一望にしての快適な45分だった。  サレルノから再び列車でローマに戻り、タクシーでホテルへ着くと、三人ともすっかり疲れていた。何処かへ食事に出掛ける気になれず、ホテルのレスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしいアマルフィへ

 翌日、アマルフィへ向かう前にヴィエトリスルマーレの陶器工場へ。唐辛子柄はレストランの特注で、手持ちはないと。幾つか気に入ったものがあっても「重たくて持って帰れない」と言うと、5月に帰国する予定のK子さんが「私たち、帰国するときは荷物が少ないから、持ち帰ってあげますよ」あり難いお言葉。今回の旅行では、私が手こずっていたホテル探しや、リザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィエトリスルマーレ

 ローマのフュミチーノ空港では、K子さんが迎えてくれて、ホテルへ。ローマに行くときは、何時も利用しているPホテルのスタッフは、私をよく覚えてくれていて、みなさんとても愛想の良いこと。 その日の夕方は、ヴァチカン美術館でビュッフェ付き衛兵の写真展へ。チケットをK子さんから戴いたので、普通は入れない時刻に、ビュッフェパーティを体験。ヴァチカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン4泊5日

 ウィーン4泊。イタリアで3週間ちょっとの旅が始まった。その前半は高校時代からの友人、Sさんとご主人での3人旅。ご主人はウィーンもイタリアも初めてということで、ついあれもこれもと盛り込み過ぎてしまったなぁと。今になれば反省もあるけれど、男性との3人旅は初めてなので良い想い出になりそう。  ウィーンでは、ガイドをしているイップ・Tu子さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾旅行④

  20日(日)5日目  最終日は午後の便なので、午前中をもう少し楽しもうと、街へ出た。Y子さんが台北駅の周囲を散策したいと言うので、そちらへ。特別魅力的なものはなく、たばこの匂いと煙が漂うところばかり。逃げるように、次の魚市場へ向かう。  ここで、選んだ食材を料理してもらって食べられる、というので大いに期待したのだった。が、11時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾旅行③

 19日(土)4日目  乾物街が面白いという事で、そちらへ地下鉄とタクシーで。タクシードライバーが「此処」と言う感じで止めてくれた通りの左右も横丁も、全てびっしり乾物店。  海の物、山の物、何処の物か知らないので分類できない類の物、店の中も驚くほどに干したものでびっしり。  最近、市川の食品店で、干し杏子の佃煮を買ってみたら、あま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾旅行②

17日の夜は、一度ホテルに戻り、ナイトマーケットで屋台で夕食をと出かけた。 非常に賑やかで、猥雑で、面白いと言えば面白い。蛇を食べさせるらしい店の横手に大きな蛇が大きなガラスの檻に入れられている様子が、蛇にはタイで車のタイヤみたいで、綺麗な模様の大きなボアを、首に掛けて貰って記念撮影したことがあるので、黒とグレーの地味な柄で暗いところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての台湾①

  16日に、船橋図書館での朗読を終えて、お仲間と楽しくランチをし、軽くお茶を飲み、京成船橋駅のホームに上がったところへ、やって来たのは成田空港行きだった。 12月16日 18:10 成田(東京) 出発  12月16日 21:40 台北(桃園) 到着 ・16日(水)  空港からリムジンバスでホテル近くのバス停で下車したものの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蔵王温泉へ

バスの終点『蔵王温泉バスターミナル』からは、ホテルの迎えの車に。ホテルは紅葉色に周囲を囲まれた静かなところにあった。今回は『蔵王が見える露天風呂』に絞って宿を選んだ。Tさん宅での時間が楽しくて、暗くて遠くの景色は見えないけれど、硫黄濃度の高い湯質に大満足。『カラスの行水』型の私でも、この夜はゆっくりと、お湯を楽しめた。   翌朝は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閃いてノルウェーへ

年末の打ち合わせをしていて、30日の放送は休んでも良いと局からお許しがでた。そのとき、12月23日放送終了後から、翌年1月5日まで休めるなら...、と考えた。1、2回分録音盤を使ってもらえれば、「オスロに行けるかも!」と。 9月にバーン氏が、ベルギーからオスロのEUのオフィスに次長職として、赴任した。北欧に行きたいと思うことは、なか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

伊東へ

  26、27日は伊東へ。Siさんが、伊東の『ホテル聚楽』で、ガーデンスィートというお部屋の宿泊費と交通費込みのリーズナブルなお値段の予約が取れていたけれど、一緒に行く予定の方の都合が悪くなったので「貴女一緒に如何?」と誘っていただいた。もちろん「喜んで」とお受けした。その時「貴女が行かれるなら、Tuさんもお誘いしてもいい?」,「いい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪で②

  高槻の駅でS.y子さんと出会えて、喫茶店でひと休み。タクシーでお宅へ。ご次男トモさんと、賑やかで楽しい3人での夕食。彼女が高槻駅から持ち帰ってくれていた『たこやき』の夕食。ナツカシイ!!大きなタコ焼きで満足、満腹。折角作って戴いたサラダは、美術館を出た直後に食べたケーキの所為か、手も着けられず申しわけなかった。  トモさんが訊き上…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

大阪で①

17日は5時起床でバタバタ動いて7時半に家を出、45分のバスで9:03発の大阪行き『ひかり』のホームへ上がったら10分ほど前だったから、丁度良いほどのゆとりある時間設定だった。  新幹線の中で11時に車内販売で、ハム玉サンドを購入、持ち込んだお茶でランチ。朝が早かったので、美味しく食べてこのまま美術館に直行できれば、時間も有効に使え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

町内会バス旅行

  町内会主催で、2年に1度のバスツァー『茨城のほうを回る』に参加。早朝7時20分出発。前夜は目覚まし2個をセット、お陰で、無事集合場所に。すでに皆さんお揃い、43名行く予定が、体調その他で、4名急に不参加。でも、『ドタキャンなんて』とは、思わない「明日は我が身」かも。そんな歳ごろだよなァと、妙に納得。前日は本降りの雨。今朝はカラリと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランドの『虹』

  ある夏、アイルランドのダブリンに英語留学していた。親しくなった同級生の若い女性に誘われて、大西洋側のゴールウエイ湾の近くにある、アラン諸島へ出掛けることになった。 土曜日の放課後、ダブリンの中心から運行している長距離バスに乗り、5時間ほどの旅だった。到着したとき、ゴールウェイは雨。海に流れ込む川には、白鳥が岸近くを泳ぎ、直ぐ傍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎から福岡へ

 翌日は、長崎原爆記念館へ行きたいというAN氏。朝から、冷たい雨が降ったり止んだりのなか、記念公園などを歩き、冷え切った私はその近くの喫茶店『HATIMIDORI』で、お茶を飲んで待つことに。 店内は、コヒー豆を焙煎している香り一杯。自然農法や自給自足に強い関心があるという、細身の店主は34歳。鹿児島から自然農法で作ったサツマイモを取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more