テーマ:友人

復調の朝

  今朝は、空腹感のある良い目覚めだった。朝食の支度もモーニングサービスの定番ながら意欲的にできた。定番でないのは干ぴょうの味噌汁。これが一番好きな味噌汁の具。  昔夫が「味噌汁作ろうか?」「うん、干ぴょうなら、食べられるかも...」とベットの中から答えると「あーよかった、あんたが干ぴょうの味噌汁を飲みたくなったら、もう大丈夫だものね…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

好みが同じって楽しい

 フムが亡くなって4、5日目に、ANからフムと同じ茶トラの猫ちゃんのクリスマスカードと、小さなぬいぐるみのネズミが届いた。泣き泣きスカイプをするのが嫌で、そのままになっていた。  全くの独り者に戻った所為か、人との約束を何となくセーブしていたら、今日は友人のS・m君夫妻が忙しく動き回る中で「ちょっと寄る」というだけで、特別な予定はない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クリスマスツリー

  花キューピットでお花をお送りしました。と、数日前にメールを戴いて居て、それが今朝家の近くの花店から届いた。ビックリするほど大きなお花で、「重いですから、テーブルなどの上までお持ちします」と言って戴いても、例によって、玄関すらも昨日『あじょうだ』から持ち帰った生地や洋裁道具の入った大きなバッグが2個持ち帰ったまま放り出されていて、配…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

我が心のなきこと

 14日の9時までは、普通にウトウト寝の様子で、私の話しかけにけだるそうに反応していたのに、その後爆睡とは違う様子に、お漏らし。これはと感じて側に行き彼の手を取り、呼び掛けたり話しかけたり。彼のベットの後ろの窓を開けて、冷たいけれど心地よい風をちょっとの間入れて「どう、この空気、気持ちが良いんじゃない?」などと、夢うつつに見えるフムに、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大きな天使

 5日は、外国へのクリスマスカードなどを出しに郵便局へ。局の隣の歯科の駐車場の桜の紅葉が綺麗なので、車に乗り込みつつパチリ。今年は紅葉を楽しむゆとりがなかったなぁと。  6日、12時近くにルチャーノ夫婦が来た時、丁度ランチの料理を終えたところだった。  ここのところ、パツパツ気味で、苛立ちが頂点に達してい、寝起きで点けたテレビを煩く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

好きな人

  説教節を聴きに行った中野で、ご一緒することになっていた、10歳ばかり年長のK.k子さんと時間がないからと,殺風景な店でホットドックの些か切ないランチ。折角Kさんと久し振りにお会いしたのだから、ゆっくりランチしたかったなぁ、もう少し時間を取ってお会いすれば良かったと、ちょっと後悔気味。でも、Kさんは私のような者を、いつもいつも、いろい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トマトソース

  船橋市民ギャラリーへ向かう途中、歩きながら友人でお直しのプロH.yさんに電話。この前福岡から上京して来たK子ちゃんと、新宿の若者ファッション街を歩き回った折に、購入したセーターの袖丈を10㎝カットしてと、頼んだけれど肩口ではなく、袖口で直すように変更のお願い。夕方中山駅でバスを待つ間に、ネイルサロンへ29日水曜日の予約を、30日にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友人たち、我が家へ

 断り切れずに、6、7と『あじょうだ』へ出勤。  8日は、かねがね竹ノ塚の友人S.h子さんが、会いたがっていた三毛子ママさんのお店へ。同じ高校時代のY.t子さんも誘って3人で、ママさんお手製の見事な和膳のランチ。ママさんが作ってくれた小物入れを見て「この方腕が立つでしょう」と見抜けるだけの技量を持っているS.h子さんは「かふぇきゃっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男友だち

 Y君の今回の写真展は、砕石場の切り取られ残った側の岩肌に、焦点を当てていた。彼が追い続けている『岩』は、断崖だったり、山瀬、海、塩風、にさらされている岩のその一部分や、自然が作り出した奇怪な岩のありよう。痛むはずもない岩が、何処かに抱えている辛さ切なさを、作品と向き合う者に感じさせ「あんたは誰、あんたは何者?」とうめくように、問うてく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひとのためならず

  仕事から戻りそのまま夕食の支度を始めると、フムは足元にスリスリして追いかけるので、足元が危なくて気が抜けない。夕食は牛肉と野菜の煮物を作るつもりで、まず牛を油で軽く焼いて取り出し、そこへ白菜、人参、マイタケを入れてしんなりしたところで味を調えて牛肉の半分を鍋に戻す。半分は歯の弱いフム用に、キッチンバサミで細かくしながら冷ます。その頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスロの午後

  昨夜は11時過ぎに携帯に電話し「スカイプできる?」「うん、良いよ、掛け直すから少し待って」で、スカイプでオスロのANとお喋り。来年の秋に移動になるが、本部のベルギーに戻らず、別の国へ出るつもりで、幾度もある試験と面接を受けていると。希望の地はリストにして提出してあるとか。ワシントン、テルアビブ...と聞いた辺りで「もう良い」とお断り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天保水滸伝

 先日カラオケで、初めて三波春夫の「大利根無情」を歌ってみた。  ♪利根の 利根の川風よしきりの 声がつめたく身をせめる これが浮世か 見てはいけない西空見れば 江戸へ江戸へひとはけ あかね雲♪  子ども時代に聞いて馴染みのある歌は、しっかり覚えていて、歌えるものだと感心しつつ、ニワトリが絞め殺されるような声を振り絞っていた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後のミニトマト

 今朝は我が家産のミニトマトとバジルの全部を使って、ブルスケッタそれに野菜スープ。野菜スープだけど、茎ワカメ、キノコは何時も汁物に入れることに。ミニトマトは少し皮が固くなったが、買った物より味が濃くて、今年の夏中楽しませたもらって、とうとうわが家産は終わる。バジルも終わりが早かった、何時もは室内に入れてまだ楽しめるのに、わが家の上にも異…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現実と夢の間で

 ここ数日、福岡の友人の娘からのメールと、電話に圧迫感を覚えている。一途に見つめられてる感じ。頻繁にコンタクトを取りたがる彼女に、付き合い切れず、もう電話はなるべく出ない。来月の9日から12日まで上京の予定の母娘に、9日は私が娘にお付き合いをすることにした。彼女はずっと韓流にハマっていて、9日も目黒、新大久保、新宿、と韓流の店を回り、韓…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

楽しいランチ

 高校からの友人S.hさんとお茶の水駅で待ち合せ。『山の上ホテル』で中華のランチ。昔清川妙先生の古典のお講義を拝聴に11年ほど通った。そのご講義終了後、先生を囲んで、此処でお仲間としばしばランチをした懐かしい処。  この日も食後は、中華の隣の、ティールームに移動し、静かでエレガントなホテルの雰囲気を楽しみつつ、ケーキとお茶。「私に合わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真夜中の戦い

 車いすの87歳の女性が、50分もの間スズメバチに刺され続けて、亡くなられたと聞いて、ゾッとした。  2日の真夜中、ガリガリと木をかじるような音に「ネズミだ! 」と目覚めた。二階の寝室の上の南西の角辺りで、その音はしている。明かりを点けて、窓を開け音のした方を照らして見るが、見えるはずはない。雨戸の戸袋の中かと懐中電灯の明かりで覗くと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遭いたかった人

 10月1日に大失敗をして、9月分の日記を削除してしまった。リモートサポートに助けを求めたが、取り戻せないと判明。がっかり。  9月は忙しすぎてブログも少ししか出来なかった。でも日記だけは記ていたので、それを使ってブログを、と考えていた、それを失ってしまった。思えば、粗忽者の私が、その失敗だけはしなかったけれど、少し慣れが出て油断があ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つきまとわれても

 昨日用事があってアツ子さんに、2度ばかり電話したが出なかったら「今、京都なの。夕食をご馳走になって宿に戻ったところ」と楽しそうな声。9時ごろに電話を貰い、45分の長電話。今回は能面師のドキュメンタリーを撮っているのだとか。能面師が、京都の古い素敵な町家にお住まいとか、京都でのお食事など珍しい話を聞く。彼女は今、面白い経験ができる『ご縁…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

学生時代

 7:45のバスで出て、JR下総中山→船橋乗り換え→成田乗り換え→佐原へ。10:10、改札口で中学・高校と同級だった友人、S君が待ってくれて居た。昔と変わらない笑顔に合えて、手を振ると「ヤァ」と手を振ってくれて、それでもう言葉は要らない。根っこのところを知っているというのは、本当に気楽。中学時代と同じように私が喋り、S君が時々合いの手を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イチジク

 この夏は気候の所為か、庭の花は良いところがなかった。そんな中でイチジクは小粒だが、60個ほど実った。毎朝2~3個ずつ熟し、朝食に砂糖も入れず、レンチンのみでジャムのように食べられた。この3日間は、雨の中15~6個も一斉に熟したので、全部摘果して、ジャムに。小さな瓶だけど、友人にもプレゼントできた。今年のイチジクのシーズンは終わった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒さの夏には

 木曜日、朝からフムは元気がない。食欲がないようで、朝は缶詰だけ少し食べただけで、牛乳もあまり飲まないし、水も少ししか飲まない。気温25度だから、手足を触ると冷たい。合着ではだめらしいと冬服を着せた。32度の気温が一夜にして7度も下がってしまう。この異常な温度差は堪えるのだろう。何時もなら私がランチを摂るときは、「それ欲しい」とアッピー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

わらしべ長者

 Sさんと、三毛子ママさんのお店でランチ。Sさんは、東部公民館での『リメイクの会』で、三毛子ママさんとはお仲間。この日初めて、お店へお誘いした。   三毛子ママさんは、手描き友禅の作家で、受賞もしておられると漏れ聞いていたし、一度ご自身の作品が載ったご本も見せて頂いたことがあって、その時にお嬢さんの成人式用のお着物も描かれたとお聞きし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫と暮らすということ

 ジム仲間で親しくなったカズさんと、ずっと前から約束していた、お外ランチがなかなかできずに居た。先日竹ノ塚のS.h子さんに、豚シャブでお昼を用意できたので、カズさんにも我が家へ招いて、ランチを作ってあげることに。この数か月、誰かに料理を作ってあげる、ゆとりも意欲も持てなかった。  秋のように涼しい雨の中、彼女はバスと徒歩でやって来た。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニワトリのマイバック入れ

  2011年の7月は、ローマ→ベルギー→ローマで帰国、の20日ほどの短い日程で渡欧。誕生日はベルギーの親友ANのところで、食事やプレゼントを戴いてというその頃恒例の旅。その時にプレゼントして戴いた鶏のポーチ。中に赤いマイバック1個が入っていた。さらに1個を入れ、キーホルダーとして大変重宝した。コットンなので幾度か洗濯もし、愛用し続ける…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

早起きの朝

 何時ものように目覚め、起きてから時計を見たら5時だった。  フムは階段の下、玄関マットの上にコウバコで、こちら向きで私を見上げていた。降りて行くと彼も起き上がり、アクビをしながらゆっくり伸びをして、私に付いてキッチンへ。以後「お腹が空いたー」と催促が久し振りの煩さ。確かにビスケットの器は空っぽだった。これも久し振りの状態。フムの食欲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

友ありて遠方より

 昨日11時マッサンと、H.n子さんを中山駅にお迎えし、そのまま『かふぇきゃっとている』へ。  お店の女主、三毛子ママさんは、グレイの渋い着物をサラリと着こなし、それがまた一層華やかさを引き出して絵にもしたいような佇まい。マッサンは「市川に置くのはもったいないような...」と。  3人並んで、窓に面したお庭が観られるカウンター席に並…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい友・友

 中学、高校と同級で「こもれび」という作文クラブも一緒だったS君は、今も文学活動を続け、幾つもの受賞もあって、作品からは度々感心、感動も。その氏から素敵なお知らせメールが届いた。一部を転載。    私の評論「哀惜の大地―農民文学探訪」が第60回記念「農民文学賞」になりました。    作品は4月下旬の号に掲載されます。  授賞式…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

情けが沁みて

 木曜の朝は、7時まで寝てしまった。前日松戸市役所の、ロビー活動で6時間立ち通した疲れを取るために、必要な時間を眠ったようだ。  朝食後、フムの皮膚病に薬を塗布してやらねばならない、昨夜も大抵抗していたので、今朝はどうかなァと考えつつ、薬瓶を手の届くところへ置き、フムに手を出そうとしたら、逃げ出そうとしたので、つい抑えようとしてしまっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

左ブレーキ右アクセル

 一昨日、翌日に仕事場で使うサンプル制作や、前回会員の方の縫った失敗作を、持ち帰っていたので、解いて直したり、終日ミシン掛け。そのうち、ふと電動ミシンの足踏みを右で踏み続けて来たけれど、左に替えたらできないかしらと、試してみた。少しドキドキ、でも意外にも踏めて緊張はするけれど、できなくはない。これって脳トレでは、と面白くなった。その時に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キンカンジャム

 今朝フムは軽い下痢。昨日の病院行で怖かったストレスだろうと。気の弱い子だなぁ。サンルナママさんから、前回の薬が残っていた分を戴いた。それを飲み切るまで、昨日病院からもらって来た薬は、先のばしにするつもり。それにしても、こうして長々と寝ているところを見ると、太腿のえぐれ方がだいぶ違って来たような気がして嬉しい。  12月に、葛西の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more