テーマ:友人

梅雨の晴れ間

 昨日は、素晴らしい晴天。『アトリエ&カフェ赤毛のアン』でランチの予定で、カフェの駐車場で11時半の待ち合わせ。早めに出て11時少し過ぎに到着。ほどなくH.y子さんも彼女の運転で到着。  10年以上も前に通った陶芸教室のお仲間だったFさんは、以前から大きなお庭一杯に、お花を育てておいでだった。Fさんのお嬢さんのF・n子さんはポーセリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライスアレルギー

 昨日ハルさんの車で小見川へ。一泊で今朝は『平家物語』のご講義を受けに。嬉しかったのは、NHKの『100分で名著』の5月号を持って来ている方がおいでで、その辺り共通の話題で盛り上がった。私の家には録画装置がないので、テキストを見ながら本放送と再放送のどちらかを1、2、3回までは観られたけれど、最終回である4回目は観ることができなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姨捨山伝説

 5月30日から木、金、土と長野の上山田温泉へ行って来た。ライスアレルギーで出たアトピーの痕の黒ずんだ汚いザラザラした肌に、温泉効果を願っての旅だった。  行きの新幹線は1:04東京発だったので、軽いランチにと、ミートパイ2個とロールカステラを持ち込んだ。道連れH・k子さんは7~8歳年長の面倒見の良いお人なので、たくあん・ザーサイ・糠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近藤富江さんに頂いたご縁で①

 先月の22日から体調が落ち始め、GWの頃には高熱は下がったものの、息苦しさ咳とで動く気力が出ず、低空飛行状態で、書けずにいたH.r子さん92歳の素晴らしさを書き残しておきたい。  「近藤富江」さんが『きものがたり・今昔』を講談社から出されて間もない、1992年の10月にその辺りについての講演があって、私は本を胸に抱いて、講演を拝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白いバラが咲いた

 経堂の、姉のような存在のUさんは「健康のためには千葉との往来は、電車でする方がいいのよね。車で2時間半も乗り続けては、運動不足になっちゃうから」と、ご心配いただく。もっともだと思うけれど、ハルさんの運転で、香取へ向かう車中は、楽しい時間でもある。四季折々の田園風景を眺めつつ、話題は尽きない。誰憚ることもなく、好きにものが言え、彼もそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千住博展

 ハルさんの存在がなかったころは、ひとりボッチを楽しい時間にする努力を最大限にしていた。幸い沢山の良い友人がいてくれるので、友人たちと会うために美術展やお花見やらのイベントを重ねて良い日にしてきた。  今はハルさんが、人みしりをしないので、次々友人たちに紹介しつつ、今までと同じようにイベントを楽しめる。    土曜日は横浜のHn子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリアンレストランへ

 日曜日は、高校時代の同級生S・hさん、Y・tさんにハルさんも同級生なので、4人で家の近くの『大地のダイニングペペローニ』というイタリアンレストランへ。駐車場を前にとって少し奥まった感じにしてあるからか、店の前は80号線が走っているとは思えない静かな雰囲気で、4人での食事は楽しいものになった。  食事を終え一度家に戻って、4人でY・t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝釈天へ遠足気分で

 9:20のバスで出て、集合場所になっている京成中山へ。今日は町内の婦人会で計画して戴いた『帝釈天』界隈のお散歩会。総勢38人で京成中山から、高砂へ出て金町線に乗り換えて、柴又へ。11時過ぎになっていたので「昼食を先に済ませてから行きましょう」と婦人会の会長Hさんのご意見で、帝釈天へ向かう参道にある店へ。昼食は婦人会から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西船図書館

 22日は、12時半ごろ賞味期限の切れたキムチ漬けをチャーハンに仕上げて、フライパンを皿の上に持ってきたところで、ハルさんから電話が入った。持っていられなくなって、フライパンごと一時皿の上に置き通話を終えた。中身を皿に盛り、形を整えたところで、電話が入った。「西船橋駅でお待ちしているんですけれど...」と遠慮がちの優しい声。視覚障害者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽やかなひと

 水曜日。 9時半ごろN.aさんからお電話をいただいた。2週間ご入院なさっておいでだったとか。退院して数日は「ダラダラ過していましたが、こんなことしていてもと思いまして、貴女にお目に掛かって楽しいお時間を」と仰る。「今日でも、お目に掛かりに飛んで参りますよ」「まぁ、よろしいですか。それでは3時に」となった。今日の予定はすべて投げ出しても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラッキー・デー

 佐原の駅へ出る前に、小見川城址にある城山古墳群のひとつを観て、更に高みに登って小見川や鹿島の方までを一望に。良く晴れた青い空の元、遠くに風力発電が15基見えている眺めを堪能。もう一カ所稲荷山へも回って、駅前で彼の車から降ろしてもらって改札口に直行。  朝の会話で、ハルさんが「ひばりの『弁天小僧菊之助』貴女に合うんじゃないの」の一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『すぐ死ぬんだから』

 今日も寒い寒いと思っていたけれど、北側で作業場の外に下げている寒暖計は8度。0度や4度などばかりだったのを思えば、温かいほうなのだろう。  1月2日から掛かって、2月13日にやっとブログ本『深山隠れの朽ち木なれ8号』の編集を終えた。製本依頼を出したので、10程で送られてくるのだろうか楽しみなことだ。 で、今日からは、ハルさんのメー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お楽しみ会

 晴天の昨日は11時半に中山駅へお迎えに。横浜のH.n子さんは以前に紹介済み、戸塚のマッツアンは「彼氏も呼びなよね」と言っていたこともあり、駅で車に乗る前にハルさんとはすでに、自己紹介しあい話題も弾んでいた。  牛筋カレーの『オリーブ』は満席で、2~3日前に電話を入れた折に、予約として席を確保して置いてくれて、4人は美味しいランチ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

温かい人と

 今日は極寒の予報で、北海道などは富士山の頂上よりも低い気温になると。で、持って居るダウンコート中一番地厚のと、皮のパンツをはいてエリマキに先日リメイクしたばかりの黒いベレーを被って津田沼へ。昨年大好きなカティさんの『ZUMBA』がなくなると聞いたときは、どこか他で彼女のプログラムのあるところは? と訊いたら、カティさんのフアンの方が津…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱がやって来た!

 居間一杯に広がっていた着物の整理を終えて、さぁダンボールを貰いに何処へ、と考えていたら。家の前に新聞の古紙回収車が停まった。交換用のトイレットペーパーを入れてあるらしい、大きなダンボールが6~7箱乗せてある。その内の一箱の上の方に開けた穴に、ドライバーは手を突っ込み2巻き取り出し、お向かいの家の前へ。  あれが良いかも! 急ぎトラッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

着物の力

 着物をすべてひとつに纏めたら、夕方になっていた。帯が10本ほどに着物が23着以上で、重さも23・4キロにもなる。とても1箱では送れない。それどころか、今送り出す先のファミマで訊いたら、箱もない。まず明日は箱を貰える先を探しに出なきゃ。  それを詰めてファミマへ持ち込み、発送する。予想以上の大仕事になった。それにしてもこの4日間ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然のお招き

  皮膚に出た、炎症が治らないうちに、数が増えていく辛さに、柏の森へ。両足、両手、首などみすぼらしい、カサブタだらけ。まるで捨てられた猫状態。  診察待ちをしているところへ、アツ子さんから電話「今S.kさんにお昼を作って頂いて、食べようとしたら、あまりにも素敵なので、貴女にもお見せしたくなったのよ。来れない?」と言いながら、後ろに向か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちいちゃなお手て

 2日の9時過ぎにハルさんが来て、程なく長女のN子さんから「コルトンへ向かうために家を出たところ。またちょっとでも会えるかしら」と電話が入った。さり気なく私たちを気遣ってくれる優しさが嬉しい。急ぎ出る支度をして11時頃にふれあい広場で落ち合えて、お孫ちゃんたちに、ほんのちょっぴりのお年玉をあげられるのも嬉しい初体験。広場からキッズランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末

 昨年はハルさんから立派なお花を送っていただいたので、クリスマスツリーのように飾り付けたりしたが、今年はご辞退。お正月用の生け花会も欠席したので、「花も紅葉も無かりけり」だけれど、ここのところいささか疲れを感じているので、手間の掛かることはなるべく避けたかった。それでも、わが家でハルさんとショートケーキだけのささやかなクリスマス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寂しさ

 先日止子さんにお誘いいただいて、ハルさんと3人オペラ若山牧水『海の声』を「日暮里サニーホール」へ観賞に出掛けた。  第二幕の牧水の妻、太田喜志子を演じるソプラノの柏原奈穂さんは、止子さんのご友人の娘さんで、姉と共に音大を出てソプラノの歌手として活躍している。前回柴又でのコンサートで、奈穂さんの美声と美しい容姿は知っていた。  今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フラメンコ

 3時半に八幡駅前で、友人のアツ子さんを乗せて『ラ・ドルチェ・ヴィータ』というイタリアンレストランへ向かった。開演まで時間があるので、レストラン前の駐車場に止めた車の中で、お喋りしながら楽しく時間調整。4時に店内へ。  メガロスのZUMBAプログラムで、親しくしてもらっている、U子さんがレッスンを受けておられるフラメンコの、発表会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老爺柿

 昨日は『蜻蛉日記』の「中の段」の終章「年の暮れ」を読み、先生が「次の『下段』に入る前に、少し気分を変えて『三行半』(みくだりはん)をやりましょう」と。この『三行半』は、『離縁状』とか『去り状』とか言われるもので、常に男性から女性に向けて出されるものらしいが、2~3回で読み終わりそうだし、続いて「下段」に入っても、あまり長いものではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友ありてブリュッセルより来る

 今朝は6時に起床。着替えを始めたら、10回ほどもクシャミが出て鼻がグジュグジュ。「何これ! 風邪? でもどうして、寒いおもいもしてないよー」と。階下に降りて、ゴミを纏めたりしているうちに鼻水が酷い。まだ冬の入り口でこれだもの、冬は苦手になりつつあるなぁ。でも、今日はそんなこと言ってはいられない。2時にルイたちに会いに行き、何処かへ行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白駒の隙を過ぐるが如し

 6時に中山駅到着。『天や』で、温かいうどんと天ぷらの夕食を済ませて戻ったら6:58、戻ってすぐハルさんに電話。次いで、Rui&Scottからのメッセージを読み、『東京ステーションホテル』に泊まるとあったので、ホテルに電話。1日から6日まで滞在予約を確認。フロントに彼らが到着したら、伝えてとメッセージと携帯番号をお願い。2日の2時にロビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美味しい天ぷら

 26日は市川第四中学の同期会。一応女心としては「何を着ようかしら」がまずありき。黒に白の花模様のジャガードの薄手のニットに、黒のロングタイを合わせ、このごろ流りらしい裾幅の広い黒のパンツで行くことにして、ブーツを磨く。今のところ靴も磨かねばならない物ばかり。夏はサンダルで気楽だが、初夏に冬物を磨いて片付けることが出来なかったので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恋人よこれが私の...

 ロシア民謡でボニージャックスだか、が歌っていた『恋人よこれが私の一週間の仕事です』というのがあった。それにならって...  日曜日は、国府台のカラオケ喫茶『五月』へ。これまでにも幾度かハルさんは、朝食にピザトーストを作って食べさせてくれている。これがなかなか美味しい。が、もう少し美味しい『五月』のピザトースト。なので「食べてみません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小平新文化住宅

 アツ子さんが企画と予約をしてくれて、以前にアツ子さんをご紹介下さった、陶芸教室時代からのお友達Sさんとハルさんの4人で、小平の『小平新文化住宅』のお宅訪問。「大正時代の家と暮らし」をなさっておいでのご夫婦のお宅だ。  ご夫婦はファッションもモガ・モボスタイルで、お迎えいただき洋館風の応接室へ。そこで音楽史研究家のご主人に解説…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バァチャンもどき

★プログラムと胸に張って頂いたシールの『祖父母』の文字に感動。  ハルさんのお孫ちゃんたちが、3人揃って幼稚園の運動会に参加する最初で最後のチャンスということで、「いらっしゃいませんか」とお声を掛けていだいた。7時半にタクシーを予約して、8時少し過ぎに校門前着。門前に並んでいる人たちの中に、お孫ちゃんたちとママが居るのを、ハルさん…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

不思議なご縁

  9:20のバスで出て八幡に。みずほ銀行へ行き、キャッシングと記帳を済ませて、10時に予約の厚生歯科へ。楽しい衛生士のお喋りに、笑っている間にクリーニング終了。この女性衛生士との楽しいお喋りのことは、又にしよう。  シャポーの書店で、本を物色。数冊気になるのがあったけど『モノを元に戻す技術』ドミニック・ローホー 笹根由恵訳という一冊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今が一番幸せ

  昨日、止子さんのお宅で、中学時代からの友人Eさんと3人、女同士の楽しい時間を過ごした。本当は先月の28日に腰椎の手術をして、2日に退院したばかりの止子さんの様子が知りたくて、持ち込み弁当で二人押しかけたのだが、現代医学の進歩の目覚しさを実感することとなった。入院直前に何かお役に立てればと、お訪ねした折は、半分に折れ曲がった格好で、家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more