テーマ:ねこ

復調の朝

  今朝は、空腹感のある良い目覚めだった。朝食の支度もモーニングサービスの定番ながら意欲的にできた。定番でないのは干ぴょうの味噌汁。これが一番好きな味噌汁の具。  昔夫が「味噌汁作ろうか?」「うん、干ぴょうなら、食べられるかも...」とベットの中から答えると「あーよかった、あんたが干ぴょうの味噌汁を飲みたくなったら、もう大丈夫だものね…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

好みが同じって楽しい

 フムが亡くなって4、5日目に、ANからフムと同じ茶トラの猫ちゃんのクリスマスカードと、小さなぬいぐるみのネズミが届いた。泣き泣きスカイプをするのが嫌で、そのままになっていた。  全くの独り者に戻った所為か、人との約束を何となくセーブしていたら、今日は友人のS・m君夫妻が忙しく動き回る中で「ちょっと寄る」というだけで、特別な予定はない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フムに捧げる曲

 87歳の兄から、手紙が来て目がいよいよ見え難くなったし、耳もイヤホンでも聞こえないと、相変わらず愚痴しかないけれど、要は「顔を見せておくれ」と言っているのだなぁと。友人知人からお声を掛けて戴くことが多くて、つい身内と距離が開いていたなぁと。で、今日は「お昼をご馳走するわね」と声を掛けた。11時半に迎えに行き、『勝太郎』へ。兄は海老が好…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

我が心のなきこと

 14日の9時までは、普通にウトウト寝の様子で、私の話しかけにけだるそうに反応していたのに、その後爆睡とは違う様子に、お漏らし。これはと感じて側に行き彼の手を取り、呼び掛けたり話しかけたり。彼のベットの後ろの窓を開けて、冷たいけれど心地よい風をちょっとの間入れて「どう、この空気、気持ちが良いんじゃない?」などと、夢うつつに見えるフムに、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

風のなかへ

  今朝もフムに迎えて貰えない朝だった。寝たままのフムの目を覚まさない様に、珍しくトイレの外にオシッコをして、シートの外まで濡れている床を掃除し、新しいシートに換えても起きないので、なるべく静かに朝の支度に掛かる。朝食を終えても足元に来ないので、ベットの側へ行き「フムお腹空かないの? 何か食べてみる? ちゅーるはどう?」この辺りで起き上…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

頑張ってるフム

 今朝6時15分に階下へ。いつもなら階段を降りる足音でか、キッチンの引き戸を開けると、戸の前で、私を見上げて待って居るフムが居なかった。ギクッとして彼のベットを見ると、何時もの寝姿があった。そうっと近づいて覗き、息をしているか身体の動きを見る。呼吸をしているので、ホッとし流しの前へ。程なく起きて餌と水のところに来たけれど、欲しがる様子は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメバチの巣

 一階の屋根の上に出て、キーウイ摘果の最終回。次にころ合いを見計らっていたスズメバチの巣を「今でしょ!」と自分に言い聞かせ、ビニール袋を持って再び一階の屋根の上へ。二階の西側雨戸の戸袋下に、作られているスズメバチの巣、撤去に向かう。  西側は二階の屋根まで一続きで出っ張りがない。南側の屋根端から身を乗り出し、右手で南側の窓枠を掴み、小…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大きな天使

 5日は、外国へのクリスマスカードなどを出しに郵便局へ。局の隣の歯科の駐車場の桜の紅葉が綺麗なので、車に乗り込みつつパチリ。今年は紅葉を楽しむゆとりがなかったなぁと。  6日、12時近くにルチャーノ夫婦が来た時、丁度ランチの料理を終えたところだった。  ここのところ、パツパツ気味で、苛立ちが頂点に達してい、寝起きで点けたテレビを煩く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2度目の散歩

 玄関の外灯がいろいろ問題ありで、もう3回もホームセンターへ行ってLEDを買い直し、今朝また脚立を持ち出して、交換したけれどやっぱり違う感じ。結局電気屋さんに来てもらえるように、兄に連絡を頼んだ。家が古くなってくると、次々と問題が発生し、その度に出費が伴うので、愉快なことではない。球の取り換えで出入りしていると、フムは玄関のドァー前の廊…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

大薩摩

 『なかの芸能小劇場』で説教節なるものを、初体験に行った。  幼い頃「三味線には、いささか腕に覚えがあるよ」と言った母。娘浄瑠璃のプロになるべく6歳の6月6日から、仕込まれたとかの母にねだっては、弾いてもらった『大薩摩』という難しい曲の記憶がある。説教節を聴くうちに、頭の中に『大薩摩』の複雑な曲と音色が蘇って来、説教節の三味の音に集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ためいきは地獄へ続く...

 作朝、出勤の身支度をしつつ、つい出てしまう溜息の多さに「溜息は地獄へ続く一里塚」なんて句があったかしらと考え「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」を思い出し「ちがうだろう~」と自分に呆れ、あと3か月半だ、頑張ろう! と思い直して出発。  昨日は慣れないバザーの販売員として、9時半から4時までほぼ一人で会場に立ち通し、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

友人たち、我が家へ

 断り切れずに、6、7と『あじょうだ』へ出勤。  8日は、かねがね竹ノ塚の友人S.h子さんが、会いたがっていた三毛子ママさんのお店へ。同じ高校時代のY.t子さんも誘って3人で、ママさんお手製の見事な和膳のランチ。ママさんが作ってくれた小物入れを見て「この方腕が立つでしょう」と見抜けるだけの技量を持っているS.h子さんは「かふぇきゃっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとのためならず

  仕事から戻りそのまま夕食の支度を始めると、フムは足元にスリスリして追いかけるので、足元が危なくて気が抜けない。夕食は牛肉と野菜の煮物を作るつもりで、まず牛を油で軽く焼いて取り出し、そこへ白菜、人参、マイタケを入れてしんなりしたところで味を調えて牛肉の半分を鍋に戻す。半分は歯の弱いフム用に、キッチンバサミで細かくしながら冷ます。その頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オスロの午後

  昨夜は11時過ぎに携帯に電話し「スカイプできる?」「うん、良いよ、掛け直すから少し待って」で、スカイプでオスロのANとお喋り。来年の秋に移動になるが、本部のベルギーに戻らず、別の国へ出るつもりで、幾度もある試験と面接を受けていると。希望の地はリストにして提出してあるとか。ワシントン、テルアビブ...と聞いた辺りで「もう良い」とお断り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バザー用

 『あじょうだ』へ行くと、スタッフのFさんが「忙しすぎて何もできていないのに、明日ここは休日で翌19日はバザーです。できていない作品を仕上げて、値札付けもしなければならないのに、今日私は調理担当で、午前中は何もできないのです」と困った様子。「予定の作品は、私が仕上げますから心配しないで」という事で、フレームに入れるヨーキルトを使って、ツ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現実と夢の間で

 ここ数日、福岡の友人の娘からのメールと、電話に圧迫感を覚えている。一途に見つめられてる感じ。頻繁にコンタクトを取りたがる彼女に、付き合い切れず、もう電話はなるべく出ない。来月の9日から12日まで上京の予定の母娘に、9日は私が娘にお付き合いをすることにした。彼女はずっと韓流にハマっていて、9日も目黒、新大久保、新宿、と韓流の店を回り、韓…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

慣れ

 慣れもあろうが、やっと『あじょうだ』での時間が苦しくなくなった。私のアイディアや作るものに賛同し、喜んでもらえることが、私の予想を上回るので、おだてられているのではないかと思うほど。今日はクリスマス用のリース作った。前回下準備をしておいた、解いたGパンの布でリースを作り、その上をヨーヨーキルトもGパンの布と、レースで作って乗せた。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

真夜中の戦い

 車いすの87歳の女性が、50分もの間スズメバチに刺され続けて、亡くなられたと聞いて、ゾッとした。  2日の真夜中、ガリガリと木をかじるような音に「ネズミだ! 」と目覚めた。二階の寝室の上の南西の角辺りで、その音はしている。明かりを点けて、窓を開け音のした方を照らして見るが、見えるはずはない。雨戸の戸袋の中かと懐中電灯の明かりで覗くと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

つきまとわれても

 昨日用事があってアツ子さんに、2度ばかり電話したが出なかったら「今、京都なの。夕食をご馳走になって宿に戻ったところ」と楽しそうな声。9時ごろに電話を貰い、45分の長電話。今回は能面師のドキュメンタリーを撮っているのだとか。能面師が、京都の古い素敵な町家にお住まいとか、京都でのお食事など珍しい話を聞く。彼女は今、面白い経験ができる『ご縁…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戴き物

 12日の「あじょうだ」は、14日のバザーに、出す作品を整えた。今回の新作品は、在庫の白い絹の反物を染めて、マフラーとタイにミシン掛け、アイロンを掛け、端に飾りのビーズを付けて8枚仕上げた。それに不燃布を使って、『衣類への延焼を防ぎます』と銘打って、アームカバー4セット用意できた。冬、カーディガンの袖にコンロの火が移りそうになった経験が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電動自転車2

 昨年の秋。「自転車を買おうと思う」と言ったら、「私たちの年頃になると、みんな危ないからそろそろ自転車を諦めなきゃなぁって思ってる。そんなときになって自転車買ってどうするの。怪我でもするのが関の山。やめたほうがいいよー」などの声を多数聞いた。その声に逆らってまでも、自転車さえ30年ほども触ったことがないのに、電動を購入。「思いついたら命…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イチジク

 この夏は気候の所為か、庭の花は良いところがなかった。そんな中でイチジクは小粒だが、60個ほど実った。毎朝2~3個ずつ熟し、朝食に砂糖も入れず、レンチンのみでジャムのように食べられた。この3日間は、雨の中15~6個も一斉に熟したので、全部摘果して、ジャムに。小さな瓶だけど、友人にもプレゼントできた。今年のイチジクのシーズンは終わった。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寒さの夏には

 木曜日、朝からフムは元気がない。食欲がないようで、朝は缶詰だけ少し食べただけで、牛乳もあまり飲まないし、水も少ししか飲まない。気温25度だから、手足を触ると冷たい。合着ではだめらしいと冬服を着せた。32度の気温が一夜にして7度も下がってしまう。この異常な温度差は堪えるのだろう。何時もなら私がランチを摂るときは、「それ欲しい」とアッピー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

素麺好きの猫なんて...

  月曜日は、町内のカラオケ同好会の練習日。朝早々と、曽我不動産さんから、梨が届いた。2Lだろうと思う。12個入り見事な幸水の(秀)というもの。10時を待って、お礼の電話を入れた。結婚後直ぐにマンションを購入した時以来幾度かマンションや家を買い直し、その度にお世話になった。長いお付き合いだけど、もう何の取引もないのに、私と同年配の会長さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

住所録づくり

 フムの、合着の切りっぱなしの袖口が、気になっていたのでミシンを掛け、アームホールの始末をした。袖ぐりの始末をしたら、可愛い洋服になったので、写真を撮って置いた。この2日間、冬物を着せていたけれど、パターンに無理があった。このブルーのタオル地のパターンが良く体に合っているので、冬物もこのパターンに近づけて修正しよう。  フムはこの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フムに冬服を

 6時半、キッチンへ降りて直ぐに温度計を見たら24度。これは大変、フムは声が出ない。慌てて仕舞っていた冬服を引っ張り出して、着せ替えた。朝はビスケットを1袋しか食べないし、水もあまり飲まず元気がない。体を固くして縮こまっている感じ。「ちょっと抱っこしようね」と抱き上げ温める。暫く大人しくじっとしていたが、温かくなったのか膝から降りて、キ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫と暮らすということ

 ジム仲間で親しくなったカズさんと、ずっと前から約束していた、お外ランチがなかなかできずに居た。先日竹ノ塚のS.h子さんに、豚シャブでお昼を用意できたので、カズさんにも我が家へ招いて、ランチを作ってあげることに。この数か月、誰かに料理を作ってあげる、ゆとりも意欲も持てなかった。  秋のように涼しい雨の中、彼女はバスと徒歩でやって来た。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボルタリングに

 11時半に時間が空いたので、ボルタリングの10メートルにトライできるのは、土日だけになって、空いているのは土曜日の、朝のうちがお勧めと係員に言われたけれど、行ってみようと。 12時少し過ぎに会場へ.。何時もの平日くらいの人数で、直ぐに壁の前へ。  1回目のトライでは、どうやら10mクリアーして拍手をいただいた。が、腕の疲労が取れず2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桃の皮

 ゴミ出しをし、涼しいうちにその後水遣りや育たなかったゴーヤを抜いたりしてすっきり。大汗で家に入ると涼しく感じる。37度が、最高気温の予報になっている東京の10時の温度は、33度とテレビで報じている。我が家を見るとほんのちょっと前まで29度だったが今30度。それではエァコンを入れようと。  フムは階段の下の薄暗いところで長々と寝て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日々の中で

  ネイルサロンの予約が10時半だったので、ラジオをやっていた時の出勤と同じ、9時45分のバスの予定でバス停へ。男性一人がバスを待っていて「おはようございます」と挨拶しあう。滅多に男性とバス停でお喋りどころか挨拶もできないが、そういう意味では、このお方は少数派のタイプ。「涼しくて風が心地よい」「このくらいの天気は嬉しい」などの会話のうち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more