帝釈天へ遠足気分で

画像

画像

画像

画像

 9:20のバスで出て、集合場所になっている京成中山へ。今日は町内の婦人会で計画して戴いた『帝釈天』界隈のお散歩会。総勢38人で京成中山から、高砂へ出て金町線に乗り換えて、柴又へ。11時過ぎになっていたので「昼食を先に済ませてから行きましょう」と婦人会の会長Hさんのご意見で、帝釈天へ向かう参道にある店へ。昼食は婦人会からご馳走して戴くのだそうで、私は草団子付きの幕の内弁当を戴いた。
 帝釈天は昔、子どものころ母が度々お参りに行ったので、付いて行ったこともあったが、その頃は本堂の周囲を一回りできて、近々と外壁の木に施されてある見事な彫り物が見えたが、今は周囲はガラス張りになって保護されているので、彫刻はチケットを買って回廊へ上がらねば見えない。今日はお庭も初めて一回りでき横山大観の屏風絵なども鑑賞。
 外へ出て次に、背後の江戸川まで歩き、土手まで行くのが予定のコースとか。向こう岸に『矢切の渡し』も見えてい、客を乗せた小船を船頭さんが漕ぐ、長閑な景色をこちら側の桜の木の下から眺めた。思えば今年最初のお花見だ。もう一度帝釈天へ戻り、参道の昼食をした店に戻ってお団子とお茶までごちそうになり、そこで解散。 時折小雨がチラついたり、晴れたり曇ったりの空模様だったけれど、私は家から駅までは、往復バスを使ったので全行程で10505歩。京成中山まで歩いて来た人たちは、更に往復4000歩は多くなったはず。
 賑やかにお喋りしつつ歩く、久し振りの団体行動だ。常日頃から「歩くの嫌い」と言い続けている私なのに、気が付くとグループの先頭を歩いていたりする。
 
 3時10分のバスに飛び乗るようにして帰宅し、お茶を飲んで一休み。次に車でジムへ行き、軽く筋トレをして入浴。疲れも取れたれし、今夜はいつも以上の爆睡になりそう。健康で歩き回れることの幸せさ、町内の知っている方たちとの楽しいミニツァー。童心に帰っての遠足気分、たまにはこういうのも良いなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック