ちいちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 強い人の優しさって...

<<   作成日時 : 2013/05/28 22:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像  日曜日は友人Hyさんと回転寿司へランチに出たら、途中イタリアで普通に見かける真っ赤なケシが、群生しているところがあった。日本ではこのごろオレンジ色のケシを、見かけることが多くなっているが、真っ赤なケシは珍しい。懐かしくもあり、車を止めて暫くながめた。その景色を携帯にも収め、我が家に戻り、彼女お持たせのスィーツでお喋りとなった。
 友との楽しい時間に夢中で、気付けば5時。大相撲5月場所の千秋楽だ。楽しみにしていたので「一緒に観て貰ってもいい?」と了解を得て、二人で大相撲観戦。
 前日は、白鵬と稀勢の里共に14戦全勝同士での対決に、白鵬が勝ち、全勝を守った。もし千秋楽に稀勢の里が勝ち白鵬が負ければ、同点決勝戦もあったのでそれが楽しみだった。が、あっさりと稀勢の里が負けてしまい、日馬富士との一戦を制した白鵬が、優勝を決めた。
 この千秋楽は、白鵬と日馬富士の横綱同士の結びの一番を最後に、第36代木村庄之助が定年退職する日だった。取り組後の弓取り式を終えて、花道を引き揚げて来る庄之助を、白鵬が花道の奥で花束を抱えて待っていた。廻し姿の大きなお相撲さんが、花束を抱えている姿も美しいものだなァと。
 優勝インタビューは「稀勢の里が強かったので、自分も頑張れた」とか「来場所は綱取りだから頑張って欲しい」とか、対戦相手を褒め励ます度量の大きさ。しかも白鵬の付き人の石浦が序二段優勝したことを、「ありがたいことです」と如何にも嬉しそうな笑顔で言っている。
 記録的な25回目の優勝を、全勝で決めたというこのとき、自分のことはさて置き、対戦相手の稀勢の里を褒め、来場所への激励と、自分も共に頑張りたいと〆た。
 28歳という若さで、どうしたら、これほどの配慮の出来る人物になれるのだろう。彼の倍以上も生きているけれど、私などとてもあそこまでの心配りは出来ないなー、と大いに感動。
 過酷な稽古に耐え、沢山の勝負に勝ち続ける者のみが到達する、それは心配りなどと言うものではない、もっと大きな『愛』というような境地なのかもしれない。
 楽しく感動の多かった日曜日であった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強い人の優しさって... ちいちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる