ちいちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠いあの頃は今も

<<   作成日時 : 2013/05/12 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

  友人S君の車で、大阪先生のお家に到着したとき、先生はもう玄関の前に出てお待ちになっておられた。お髪こそ真っ白になっていらしたけれど、一時は車椅子での生活と承っていたので、ご自分の足で立って歩いておられるお姿に、子どもの頃のように『先生、良かったね!』とぴょんぴょん飛び付いてしまいそうな気になった。
 先生は開口一番「俺はよー、あんたにちゃんとお礼も言えずに居たのが、気になっててよー」と。
 私こそ幾ら感謝してもしきれないほど、大きな愛情を注いでいただいたと思っているので、ビックリ。「あんたがね、成績は良いしクラスの中も明るくてよ、皆に良い影響を与えてくれてさぁ。それはみんなあんたの力で、俺なんか何にもしなくてよー。なのに俺の指導が良いからだって、教育委員会からずいぶん褒められたりしてさぁ。どれほどありがたかったか」と仰る。「何言ってんの先生、私は先生に愛されていると何時も感じていて、だから何があっても安心してのびのびやれたんだもの、やっぱりちゃんとお礼を言わなきゃというのは私のほうですよー」と。
 あの頃、私は父親の浮気で崩壊してなった母子家庭。父からの音信など皆無のな画像か、母ひとりの頑張りで育ててもらっていた。おまけに、結婚している私の長兄も浮気をしていることが、判ったりして『男性不信』気味だった。そんな中で、もっとも身近なところで、大きな愛情のあるまなざしで、見守って下さる存在だった。私は先生に「お父ちゃん」というニックネームを付け、それは直ぐにクラスの皆に広がって、ときに軽口、ときに相談事もできる頼もしく、優しい先生だった。 
 休日には先生のお宅に大勢して押しかけ、奥さまを巻き込んで大騒ぎ。給食時間には、職員室へ日参し、先生の愛妻弁当のコロッケや、卵焼きなどをせしめるのが、楽しくてならなかった。あんまり「お父ちゃん」と呼び過ぎて、「お前なぁ、たまには先生と呼んでくれよー。職員室まできて『お父ちゃん』はないだろう」などと苦笑いでたしなめられるほどだった。
 「お父ちゃん、どっかへ行こうよう」と言いだせば、先生も「うーん...、あ、そうだ。そのうち、うちの娘を連れて、上野動物園へ行こうと思ってんだけどよー」「それは良い! クラスの皆を誘ってみるね」で、ほぼクラス全員遠足気分で上野動物園へ。先生は娘さんと、換えのオシメを持ち...あの頃すでに先生は『育メン』だったのだ。そして皆を撮るために、カメラを担いで、という出で立ち。ご自分で撮って現像し、後日みんなに配って戴く学校の行事以外の、女子のスナップには朝顔やバラや、ハートのトリミングがされていたっけ。そういう写真は今も沢山ある。画像
 それを取りだして観るまでもなく、時折、デジャブのように浮かんでくる遠い楽しい日々となっている。だから、当時の同級生とバッタリ会ったりすれば、必ず「大阪先生は...」というお名が慕わしく出てくる。だから私ばかりが、愛されていたとは思っていない。先生は生徒全体に、公平で大きな愛情のパワーを照射してくださった。
 
 あらかじめ「お茶の時間に、2時か2時半ごろに伺います」と申し上げてあったのに、「もし早くきてくれたらと、少しも早くお目に掛りたくてねぇ」と、昔と少しもお変わりのない、気さくさと温かさで奥さまが「貴方達にと、注文していたものですから」と、私と同行の友人S君夫婦と三人分、『うな重』のお土産までいただいた。お陰で、そのまま友人宅に寄り、直ぐに帰路につくはずだったが、S君の夫人が「折角戴いたご馳走ですもの、夕食として我が家でいただいてからお帰り下さいね」と、そのまま夕食の時間までの長居となった。
 美味しいうな重は、S君の娘さんとお孫さんでの5人全員で戴けるほどのボリューム。お味噌汁や煮物などS家の味も添えられて、ありがたく戴くことができた。
 ひとりぼっちではない、家族の中でのお夕食という幸せな時間も持てた。先生、お陰さまでこの度も、またまた胸の中に先生ご夫妻の、温かい風を吹き込んでいただいたようです。ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ま〜あ、何て懐かしいのでしょう。
大阪先生のお顔も、写真の男の子KK君じゃないかな?
そして中学生の頃のちいちゃん、貴女はあの頃から美人さんだったんですね
なんか皆に逢いたくなっちゃいますね〜。
イエティ
2013/05/16 18:50
ハハ...美人など、とんでもない!でもうれしいお言葉です。そうでしょう、同期会をやらねばって思い始めたんですよねー。
ちいちゃん
2013/05/16 21:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠いあの頃は今も ちいちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる