ちいちゃんのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 戴き物

<<   作成日時 : 2017/09/13 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

画像画像 12日の「あじょうだ」は、14日のバザーに、出す作品を整えた。今回の新作品は、在庫の白い絹の反物を染めて、マフラーとタイにミシン掛け、アイロンを掛け、端に飾りのビーズを付けて8枚仕上げた。それに不燃布を使って、『衣類への延焼を防ぎます』と銘打って、アームカバー4セット用意できた。冬、カーディガンの袖にコンロの火が移りそうになった経験がある。その年に、自分の危険防止にと、入手したものを参考に、ヨーヨーキルトをプラス、楽しい部分を加えた。施設で長い間眠っていた、大量のペラペラタオルに、可愛い刺繍をして『ドリームフキン』と命名。
 廃品利用という枠の中で、創意工夫が必要だし、利用者さんや、スタッフが作れる物をと、工夫する。
 ニットデザイナー時代に、今でも可愛がっていただいている、山形のニットメーカー、月井さんの社長さんに「あんたは、残糸処理を考えてデザインしてくれてよぅ、なんぼ助かってか、ありがたいンダ。又そろそろ残糸、溜まってっから、ちょっと見て。何か良いデザイン考えてケロ」とおだてられ、ホイホイデザインをし、依頼書を書いた。そうして生まれた製品のなかには、倉庫の棚で出足の良くない物もある。倉庫へ行き、様子をチェック。出入りする営業の人を捕まえて「この子、不出来なのかなぁ、売れ残りそうなの。私みたいなオールドミスにならないように、気に掛けてやって。お願いね」と声を掛ける。「あんたの頼みじゃぁナ」と5枚10枚、営業に持ち回る品の中に加えてくれるので、ほとんど完売していた。こんなテクニック、今でも通用するかも。
 利用者のS君が、猫の刺繍を3点、白いハンカチにバザー用にと仕上げたので「3点なんてよく仕上げたねー、どれも良いじゃない! 欲を言えば、この顎の白い子は白い背景で顎がはっきりしないから、蝶ネクタイをプラスしてあげると、ユーモァ感も出るかも、どう思う?」と言うと、3点の中からグレイの猫ちゃんを、私にくれるのだと。「なんでこの子を私に?」と聞いたら、「これが一番綺麗にできていると思うので」と。「なんで戴けるの?」「いろいろお世話になっているし、まだ刺繍の本も借りているので」「そんなこと気にしてくれなくて良いの。それが私の仕事なのよ」と辞退したけど「いえいえ、どうぞ」と。良い記念になるだろうし、ありがたく戴くことにした。
 彼の刺繍のセンスの良さを評価している。大きな体と手から、こんなに繊細な絵が、下書きもせずに、刺繍にできてしまう。そんな人はざらには居ない。しかもその図案は、温かみというか、可愛さがある。その辺りに彼が出ているのだろう。私の白の綿ローンのブラウスの襟に「私的に、刺繍して欲しい」と初夏に依頼したけれど、慎重な彼は、なかなか手を付けてくれない。確かに、人の物を作るには大きな勇気が必要だ。でもぜひ少しも早くそのハードルを越えて欲しい。人のものを作り、喜んでもらえるときの大きな喜びを、体感して欲しい。失敗して、頭が真っ白になるようなことも経験して欲しい。その失敗をどう越えるかで、大きなものを学ぶ。ブラウスに刺繍してもらえたら、次はANの誕生日に、ネクタイに黒いプードルを、刺繍してもらう心づもりをしていた。
 ANが大切にしているぬいぐるみの黒いプードル。幼児期こ。かじったりむしゃぶりついたらしく、鼻が剥けている。その黒いプードルを刺繍してもらって「私の教え子の作品よ」と、ノルウェーに送りたかった。でもANは11月30日が誕生日、あまり時間がない。病気を抱え、体調を見ながら作品作りをしているS君だから、強要はできない。「体調が整ったかも」と彼自身で感じられる日が、少しも早く来るように、そして彼の才能が花開く日を楽しみにしている。
 
 男性の刺繍作家には、魅力的な人が多数居るし、女性とは違うテイストの作品を作る。S君には、彼なりのセンスがある。そこに注視し、羽ばたけるようなお手伝いをしたいと念じている。
 夫と暮らしていたころに、グレイという名の子がいた。甘えん坊で、我儘な子だったけど、忘れられない存在の一匹だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
猫のグレイを知っていたのでしょうか、不思議ですね^^
誰かにプレゼントしたい気持ちは、感謝の表れでもあり、自分の技術に自信が付いてきた証拠でもありますね。
「失敗して、頭が真っ白になるようなことも経験して欲しい。その失敗をどう越えるかで、大きなものを学ぶ」
逆境も楽しめるちいさんの言葉だからこそ説得力があるんですよね。
Sくんにはこの言葉を武器に、未来を恐れず羽ばたいていってほしいです☆

おもち
2017/09/14 18:26
そうなんです、S君にはまず元気になって欲しいのです。彼が持っている、たっぷりあるこれから先の時間を、充実した楽しいものにして欲しいのです。おもちさんに、お解り頂けて嬉しいです。ありがとうございます。
ちいちゃん
2017/09/15 23:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
戴き物 ちいちゃんのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる